上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スロバキアのモドラ地方。
マヨルカ焼きと言われる焼き物と、ワインが有名。
早速買ってきましたよ。

マヨルカ焼き
なかなか可愛いでしょう。

ワイン

でもほぼ毎日夕方運転するので、飲めるのは土日かな。
スポンサーサイト

・・・って、年明けてから何日経ってんだー!! って感じですよね。
すみません。

年末年始は、ブダペストに買い物に行ったものの、あとはダラダラと家で過ごしてました。
おかげで11月の病気で3kg痩せたのに、4kg増。
典型的正月肥りです。

スロヴァキアは今年から通貨はユーロに変わります。
そうそう、結局スロヴァキアコルナからユーロ切り替えについて、
16日までは両方の通貨が使え(でもお釣りはユーロ)、その後今年いっぱいは
銀行で紙幣交換ができるそうです。

なので、お店では16日までスロヴァキアコルナとユーロの両方で支払えるように
しなくてはいけないのです。
まぁ、レジはボタン1つでskもユーロも表示されるので問題ないんだけど
skでもらってユーロでお釣り・・ってのは以外と大変みたい。

某オーストリア系スーパーのあるレジで、前に並んでたお兄さんがskで支払おうとしたら
「Nie!!」  (←ダメって意味)
ってレジのおばちゃんに言われてショボンとしてました。

私の番になって、私はユーロで支払い。
ユーロって細かいコインがいっぱいあって結構大変なんですよ。
特に1セントなんてちっちゃ!
お札+コインで出したら、コインは「Nie!!」だって。
このNieおばちゃん、腹立つわ~

skでの支払いだけど、16日までの間に店側が拒否したら法律違反になって
かなりの罰金なんです。
このおばちゃん、面倒だからって、ホントに・・!
このおばちゃんのところには並ばないように気をつけようと思った、もももでした。

さてさて、1月1日。
ユーロ導入を祝ってなのか、たっくさんの花火がそこら中であがりました。
はい、そこら中です。
道路や駐車場。
学校のグラウンドや、アパートのベランダから、たっくさんの打ち上げ花火が
あがりました。 ←あっ、これはロケットだった。

アパートの窓から見てたんだけど、何百か所??
とにかくすごいのよ。
みんな打ち上げだから、音もすごい。
まるで戦争みたいだったよ。 ドカン!  ドカン!! って。
朝6時近くまであがってました。

極寒の今年のヨーロッパ、皆さんお疲れ様です。^^
極寒状況はまた次回お伝えします。

では、皆さん
今年もよろしくお願いいたしますー。
先日、近くのスーパーに家族で買い物に行きました。
主人と娘がお菓子コーナーで物色している間、私は違うところでジャム探し。

すると、ひとりの背の高い男性が私の方に向かってきたんです。

なに? 何か用ですか?

そんな気持ちでその人をみてたら、突然着ていたジャンパーを開けました。
そして私の目をジーーッとみながら、手に持っていたハムの塊のような、
たくさんのリンゴのような赤っぽい物体を、ジャンパーの内ポケットにいれたのです。

!!

ビックリですよ。
そう、万引きです。

この不景気ですし、いろんな事情はあります。
なので私は店員に言うつもりはなし。

きっと彼も、このアジア人なら言葉も通じないし大丈夫だろう、と思い
あえて私側をむいておこなったのでしょう。

でもね。
でも、何も私の目の前でしなくてもいいんじゃない?

何もしらずにやってきた主人と娘に、今の出来事を話しました。
ちょうどそこに、入口に向かって早歩きする万引き男性を奥の方に発見。

「あの人だよ。」

すると主人はいきなりダッシュ!

なに!? なんで !!??

主人はその男性の腕を掴み、何か言っているようです。
たぶんスロヴァキア語じゃなくて、英語で。

私と娘は驚きながらも遠くから、その男性を放っておくように主人に叫びました。
娘も「パパ、やめて!!」と。

近くにいたスロヴァキア人女性も何事?という顔。

ほどなく主人は私たちのところに戻り、男性は外へ逃げて行きました。
主人の手には、大きなハムの塊。

「あいつ、こんなのだけ渡して逃げてった」

はい?
あの人が盗んだのはコレなので、コレだけ出すでしょう。
・・・・・。

つまり主人は、私のバッグから男性が財布を盗んで逃げた、と勘違いしたのです。
思いっきりおっちょこちょいです。

「私、財布盗まれたなんて、一言も言ってないよ。」
「そうだよ。ママはそんなこと全然言ってない!」

ただのハムだと知った主人は、自分の行動に反省。
そりゃそうです。
外に商品を持ち出したわけでもない。そう、まだ店の中ですし。
それにとても危険なことをしたのです。

男性がいったん家に戻って、刃物や銃を持って再度仕返しにやってくる可能性があります。
これは大げさではなく、通常で考えられること。
そしてたまに起きていることです。

それからはソソクサと買い物を済ませるものの、そばにいたスロヴァキア人女性は
状況が呑み込めたらしく、店員に報告。
セキュリティの方々が来店です。
(私たちはさっさと車に向かいました)

このこと以来、娘はこのお店に行きたがりません。
近くて1番便利なのに、あの男性が仕返しにくるかもしれない・・
そう思うと怖くて仕方ないのです。

「パパのせいで、あのお店に行けなくなっちゃったじゃん」

勘違いとはいえ、主人も気の毒ですよね。
私は、顔も覚えられていて一層怖いですけど、近くて便利なので行ってます。^^;
車で。

店を出てから車に乗るまではメチャ早いですよ~。
一応の用心は必要ですからね。

いやいや、びっくりしました。
来年1月1日から、スロヴァキアではユーロが導入されます。
これまでの紙幣(コインはダメ)は、導入後2週間以内であれば交換が可能。

2週間ですよ。

前通貨が使用できるのは最初の1~2か月。
そして、交換期間が3~4か月。
っていうのが、導入プロセスって気がするんだけど、

2週間だけ !!

すごい強行だなー、って思うのは私だけ?

導入されたら、たくさんあるトラムやバスの自動券売機は、どうなる?とか
いろいろ心配はある。

国もそれなりに準備をがんばっているようで、先月ポストに封書がはいってました。
開けてみると、
Euro2.jpg

ユーロとスロバキアコロナの変換ができる計算機です!
もちろん普通にも使えるよ。
これを全世帯に送っているらしい。
すごいよねー。
ちなみに1ユーロは301.26skkってことね。

で、今日はまた違うのがはいってましたよ。

Euro1.jpgEuro3.jpg

説明書と一緒に2枚のカード。
素材はギラギラするやつで、裏にはユーロからスロヴァキアコロナへの変換表が1枚と、
もう1枚はスロヴァキアコロナからユーロへの変換表、になってました。
ほぉー、と感心。

そういや、アパートのエントランスにあるエレベータで、
計算機に「ハロー、ハロー」したり、ボタンに押しあてたりして遊んでる大人がいた。
面白いよね。^^

いつになったら新ブログ? のもももです。^^;

日曜日の朝、体調を崩しやっと復活しました。
朝9:00にいきなりお腹の激痛。でも激痛のみ。
あまりの痛みに嘔吐。
その後、下痢と下血。

スロヴァキアは、ハンガリー同様、町医者を介さないと病院に行けません。
ただやっかいなのは、ブダペストよりもブラチスラヴァの方が英語を話す医者が少ないこと。
きっと、話せる医者はオーストリアなどに流れてしまうのでしょう。

今回日曜の朝に起きたにも関わらず、病院には行けず。
(救急車で行ったら入院だろうし、それは避けたい。
ちなみに救急車は有料、って聞いてます)
月曜の朝に近所の町医者へ。
1度行ったことがあるものの、受付ですでに言葉の壁。
スロヴァキア語以外、通じず。
電話でスロヴァキア人の知り合いにつないでもらい、やっと診察室へ。

でもそこで診察されるわけではなく、医者は日本人で英語を話す人を受け入れてくれる
消化器科の病院の先生へ電話するだけ。
結局血液検査だけしておこうってことで、それはしたんだけど病院は見つからず家に帰りました。
そのあと血液検査の結果を取りに主人が行ったら、近くの救急病院に明日の朝10:00過ぎに行くように指示あり。
そこのK先生にアポを取ったとのことでした。

その間、私はまだ出血と腹痛。
でもあちこちと歩かなくてはいけません。
ちなみにそれだけで保険を使っても1600円です。
(病院になれば、国立なので保険証があれば通常無料です)

そして火曜日の10:00に病院。
たくさんの各ドアに張られた、医者の予定をみてみると
K先生は月曜はいるけど、火曜はいない。次は木曜日らしい。。
不安・・・。

また、そこで言葉の壁。
たくさんのドアの前には患者さんだけ。
どんなシステムで待ってるのか見当もつかず。

主人に患者さんへ声をかけてもらうが、英語を話す人はいませんでした。
(ドイツ語だったら、だいたいの方が話します)
困っていたら、その隣に座ってた女性が、あるドアから出てきた女性を指さしました。
私たちはその人に近寄り、昨日の医者にもらった紙を手渡す。

数分後にその女性は、木曜日の11:30にくるように私たちに予約の紙を手渡しました。
終了。


呆然としながら帰宅。
そして、英語で書かれている「Easy Bratislava」という本の中から、病院を必至に探しました。

とりあえずプライベイトクリニックに行くことに。
このまま家にいても仕方ないから。

車で30分かけて行ってみると、移転しておりまた15分戻って、やっと到着。
でもそこには検査できる施設はなし。
ひと通りの話のあと、昨日受けた血液検査はたった1項目だけで、何も意味はが無い!と女医さんお怒り。
それより、なんとかしてほしい。。

そこから500m離れた病院で、いろんな検査を受けるように指示されました。
私と主人は歩いて移動。
途中間違って違う病院に行ってしまい、診察券まで作っちゃいました。

間違いに気づいて、またまた移動。
やっと病院をみつけるものの、また受付で問題。通過できず。
仕方なく女医さんに電話し、説明してもらう。
検査が全部終わったのは15:30。

その病院の先生は私にこう言いました。
「検査の結果は問題ありませんでした。
でも念のためA病院は消化器の専門なので、これからそちらに行ってください。
まずそこの救急に入り、そこから消化器の専門の先生に診てもらってください。」

・・・・・

とりあえず、ここの病院が終わったら戻ってくるように言われていたので
プライベイトクリニックに戻り、女医さんに状況を説明。
終了。。

いったん家に帰り、ハンナを見てもらっていた方に礼をいい、
娘の帰りを待つ。
そして16:30。
またA病院へ。

そのA病院はちょっと遠い。
そしてこの話はまだ終わらないのです。
続きは次回。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。