上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうど1年です。

昨年の今頃は、本当に暑くて暑くて。
今年は梅雨の真っただ中ですね。

この1年の間、子供の受け入れ校探しや高校受験、愛犬をスロバキアに迎えに行ったり
引っ越しを2回、自分が病気になったり、愛犬が病気になったり。

いやぁ~、いろいろありました。
環境が変わって慣れないうちにバタバタしたせいか、一気に老けた気がします。^^;

夏は熱中症になる寸前。
冬になったら大雪。
あれあれ、東京ってこんなに雪降るの?でしたよ。

いろいろ思うところがあります。
それでも何より良かったと思っているのは、子供が希望校に進学できたこと。
おかげで授業料の高さで、また病気になりそうだけどね。

1年が経って、やっと座ることができるようになった。
そんな感じです。
スポンサーサイト
明日から冬休み。
ってことは昼間の自由な時間が無くなる~。
今日のうちに何か動画見とくかなー、なんて検索してたら

なんじゃこりゃーー!? っていうのを見つけました。

コレ↓↓↓([VIDEO]ってところを押すと再生できます)
高知白バイ衝突死

皆さん、このニュースって知ってました~?
クリスマスぼけぼけモードの頭がいきなり冷えましたよ。
中学生の遠足帰りバスと白バイの衝突事故らしいのですが、
警察、裁判所の対応がスゴイです。  こうやって冤罪っつくられるんですねー。
事故現場に数十人の警察官。
通常2人ぐらいでしょ?
何か意図がありそうな感じですよ。

悲しいですね。
私も何も知らないわけじゃありません。
言えないようなこと、いろいろ知ってたりします。
でも、実際に犯罪者に仕立て上げられる人を見て、「あー、大変だね、この人」
なんて軽く思えるほど、人間腐ってません。

日本の警察、裁判官。
もっと誇りをもって頑張ってほしい。
(お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。)

興味のある方、ビデオだけでもみてみてね。
ちなみに、そのスクールバスを運転した方の支援者ページはこちら
片岡晴彦さんを支援する会HP ・・・最高裁に向けて・・・ 

冤罪・・。
『明日は我が身』。 その言葉、怖いです。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ



今回の一時帰国では、前に勤めてた会社にも寄ることにした。
決めてたけど、誰にもあえてそのことは伝えなかった。
だって、会社辞めて2年も経てば もう知らない人でしょー。

上司もやたら忙しい人だったからね。
今の私は何も役に立たない。会うだけ時間を使わせて申し訳ない。
そう思ってた。
けど、ちょっと顔みたくなって。。

会社を覗き込むと、ちょうど見慣れた人間発見!
「A部長に内線して、もし時間があれば会えるかどうか聞いてほしいんだけど」
そう彼に頼み、電話をしてもらった。

「OK。今から来るから待っててって」

おぉ~~。
出張や会議でいつもいないのに、今日はいるんだ。
でもって、今すぐ来てくれるんだー。
仕事暇になった?
いんや、それはないなー。(^^;

1,2分して部長はやってきた。
2年前よりも少し痩せた。
彼には心臓病という大きな病気があるため、心配していたが
顔を見る限り元気そう。
痩せたのも少しいいかも。

「忙しい中、時間作ってもらってすみませんー」
そういう私に

「会いに来てくれるかわいい部下のためだ。時間なんかいつでも作ってやる」
そういってくれた。

そして2年前のように、いろいろと雑談をした。
ふと見上げると、同僚が目を丸くしてこちらを覗き込んでいる。

「いつ戻ってこられたんですかー?」
彼は部長の隣に座り、雑談に加わった。

最後にあった送別会を思い出す。
お酒がまわり、しっちゃかめっちゃかで全部は覚えてないけど
部長は私を「お前は男だー!」と何度もいって
同僚は私の腕を掴み、ウンウンとうなづいていた。

・・・うん、懐かしい。懐かしいぞー。
また仕事がしたくなった。
嫌味言われたり、いろいろあったかもしれないけど、
あまりつらいと思ったこと無かった。
だっていつも誰か味方はいたし、仕事が趣味だったから
それもひっくるめて楽しかったんだよね~。
それに精神的には強いほうで、嫌味言われても笑ってられるのさー。

その日は、会社のお祭りがある日。
携帯には、Kから駐車場の空き具合を知らせるメールが入っていた。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

だいぶ間があいてしまいました。
夏休み一時帰国報告『カートの後に向かったのは・・・(1)』の続きです。


周回を重ねる車達。
あちこちには、大きな水溜り。
ここをSタイヤで攻めるなんて、考えただけでも恐ろしい。

コースは、決して広くはない。
抜くポイントも限られる。
着実にタイムを縮ませながら、かつ、上限タイムを超えないよう注意が必要。
あと数十分。  頑張れ!!!


Iたちの車はピットに入った。
燃料補給だ。
その間に順位は変わり、2位へ。

あのライバル車も、きっとピットに入るはず・・。

そう願った。
が・・・、ピットに入ることなくレースは終了してしまった。

Iたちは2位。 燃費は課題だという。
それでも2位は2位。
たいしたもんだ。

空には大きな虹がでていた。
戦い終わって、Iたちにはまた笑顔がある。

私はギュッと手に力を入れた。
自分で引いている見えない線。
これを超えないようにこらえるため。

走りたい・・・。
でも、走れない。

Iは、小もももを運転席に座らせてくれた。
運転席しかない車。 内装も無い。
小もももは大興奮だった。

そしてIは私に、車の移動を頼んだ。
これにはとてもビックリした。
きっと私が今どんな気持ちでいるのか、わかっているのだろう。

「いいよ、いいよ。大事な車なんだから」
そういう私に、Iは
「いいから~」
そう勧めた。

他のメンバーはどう思う? 怒らない?

心配になって、そばにいたIの仲間を見た。
みんな微笑んでいる。


私は運転席に座り、久々のサウンドにしびれた。
こんなとこでエンストしたら、それはそれでおもしろいけど、
やっぱりちゃんと乗りたいし。。

数回軽くふかしてから、私は車を動かす。
底から響き渡る地響きのような音が、
体中の血液のように流れる。

気持ちいい・・・

ピットロードを移動。
彼らのピットへ到着。
そこにも、もちろん彼らの仲間がいた。

「どうです?」

「うん、やっぱり気持ちいいねー」

そこには超ご機嫌な自分がいた。
本当に嬉しかった。。

I、ありがとう。
そして30'Sのみんな、ありがとう!!
本当に嬉しかったよ。

11月のレースもがんばれ!
今度は見に行けないけど、応援してるよー!!

PIC_0074.jpg
↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

田舎に戻ってから、ひとりで埠頭でぐるぐる走ってた私。
そんな私に、最初にできた車友達はI。
仕事が終わってから、Iと一緒に山へドリフト練習に行った事もあった。

そんなIとは、送別飲み会以来会ってない。
この夏、Iがチームで耐久レースに参加することをKから聞いた。
そして帰国前、Iがメールで車の仕様もろもろを教えてくれた。
車は101のレビン。

・・・エンジン音が聞こえる。
コーナーで減速する音。 走り抜ける姿。。
まだその車を見たことも無いのに、なぜかしっかり頭に浮かんだ。

早く観たい!!

でも、みるだけでは物足りなくなる自分がでてくるのが怖かった。
私が走るわけじゃないのに、体中の血がグルグルまわる。

――――――――――

当日。 曇り空。
カートの後に向かったのは、そうサーキット。
既にレースは始まっている。
あと残り1時間ちょっとというところ。

私達が向かう頃には雨が激しくなり、中止になっていないか
心配するほどだった。

到着してみると、レースは中断していた。
ピット前に並ぶ車達。

I達の車を見つけ駆け寄る。
チームのみんなの顔も見える。
彼らとは、走行会で何度かあったことがある。

…漂う緊張感。
雨で中断したものの、作業は許されていないらしい。
Iの車にはSタイヤ。

雨は小降りになれど、コースにできた水溜りはなかなか消えまい。
そこをSタイヤで攻めていくのだ。

ちょっとつらいな。

そう思った。
I達は緊張感の中にも、笑顔がある。
信頼しあっている仲間で作った車。 だから気持ちが落ち着いているんだろうか?

今回の耐久レース。
クラスがいくつかに分かれていて、タイムも制限がある。
つまり速ければ速いほどいいクラスとか、上限があるクラスとか。
Iの参加したクラスには上限タイムがある。
それを越してしまうとペナルティが与えられる。

現在クラス1位。
どうもすごい戦いになっているようで、雨のあとのこれからの勝負が
見ものだ。

・・・静かに時は過ぎ、再スタートとなった。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。