上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月15日についての状況を、右端にチョロっと載せてみたのですが
もうちょっと詳細を記載しますね。
全体的に言えば『大きな暴動はなかった』。
しかし実際は逮捕者もでています。
バスもデモの人々によって運行を止められ、トラムもストップ。
運転手が抗議するも虚しく、最後には怒って降りていってしまう映像も
流れています。
警察からは・・・・・
はむかうデモの人たちへ、誰なのか特定するために
ブルーの液を含ませて放水。
催涙弾の発砲。 ゴム弾についてはあったのかどうかわかりません。

デモ隊は・・・・・
(大きい)ゴミ箱に放火そして路上への放置。器物の損壊。交通運行の制止。

確かに前回のような派手さはなくとも十分な状況でしょう。
ハンガリー国内の意識が慣れてしまったのか、予想よりは小さかった。
それだけ。

そして、3月15日で終了したわけではない。
夕方以降、国会議事堂前ではデモは続行されています。
巻き込まれないように注意したいものですね。

こちらに時系列での当日の様子が記載されています。(英語)
Caboodle.hu[Updated news of March 15 demonstrations in Budapest]

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
結局、国会議事堂前の鉄格子、警察によってまた取り付けられたみたいです。
やれやれご苦労様です。
とりあえず、3月15日の独立革命記念日が終わるまでは、
鉄格子があった方が良いかもしれませんね。
混乱はこりごりです。

さて、最近すっかり英語付けのももも。
今日もまた韓国人の友達と英語学校探しです。
お昼も食べず2件まわって、レベル判定テストで気持ち悪くなる。(笑)
テストっていつになっても嫌いです。

私がこんなに必死に英語、英語となるのも、娘の学校の件が大きいですが
それ以外にも理由があるんです。
ここブダペストでは最近、英語を話せる人が急増化。
前は、話せてもドイツ語かロシア語っていう人が多かったのに
いまや英語も話せる。 すごいですねー。
だけどヨーロッパで(EUで?)1番外国語を話せない国民なんですって。

まぁね、ブダペストはこういう状況だけど、地方都市行けば
英語なんて通じないって思ったほうがいい。
もし通じたとしたら、それはラッキーだったのよ。
だから比率からみたら、外国語が話せない国民、といわれてもある意味
理解できる気がする。

そのハンガリー国民が英語話し始めてるのに、日本人が話せないはずないさ。
だから負けないようにやるしかない。

でもね、今日行ってきたところにもし通うとなると、
週4日も英語学校。 頭割れないか心配。

会話は相手が理解してくれる気があれば通じる。
でもこれに甘えてばかりでは上達しないもんね。
頑張るぞーー! >気力はあるさ。

覚えられるかどうかは、頭の限界もあって難しいかもしれない。
だって、何か勉強すると声が聞こえるんだよね。
「メモリがいっぱいです。上書きもできません」ってね。
ただ、動いてないだけ、っていう話もあるけど。

皆さんは最近何に燃えてますか?
いつから始めても遅い事はない。
興味があるものをはじめてみましょう。

今月で●●歳になる私。
大きなプレゼントを期待して日々がんばるのであった。
でもって、現実逃避に車ネタを書くのであった。(笑)

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

今年は、国会議事堂前にアイススケートリンクができることなく
鉄格子が設置されたままのさみしい風景。
これは10月のデモ以来ずっとこうした姿です。

ところがここ数日、この鉄格子を取り外す動きがあり。
私が知ったのはTVを見て、です。
随分上品な感じの人たちが作業してるなー、と思ったら
野党の政治家でした。
初めは2人でのとりはずしていたようですが、
先日は他の野党政治家も入って数人~数十人でのとりはずし。
このまま鉄格子でこの広場前を囲っているのは違法だ!と。

んー、確かにいつまでこのままなのかなぁ、という気はします。
でも取り外せば、またデモが起きる可能性もでてくるし。

警備は警察がおこなっています。
はずされた鉄格子をまたはめたり、警察は、大変ですよね。

政治家自らが鉄格子をはずす作業をしているのを見た人々は
また国会議事堂に集まりつつあります。
暖冬のハンガリー。
またデモが起きそうな気配がします。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ


今日は空がうっすらと曇っているブダペスト。
今週10月23日にあったデモ隊と警察との衝突について
きっとyoutubeあたりにのってるんだろうな~、なんて思ってたら
いっぱいのってるのね。

戦車が動いてるところ
http://www.youtube.com/watch?v=656CS3EZx5E


こちらの映像もすごい
http://www.youtube.com/watch?v=Zg4QecC-QtQ


こんなの見てしまうとすごく怖くなるけど、
今は信じられないほど静かです。
何もなかったような街中。
国民もデモを起こすことで自分達の生活にも影響がでますから
そう何度も起こしたくはないようです。

このまま、もうこのようなことが起きない事を願います。
これ以上誰も負傷せずに問題が解決されるといいですね。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

結局23日は、夜中の2時ごろまで、ブダペスト内あちこちの騒ぎは続きました。
戦車が動いた時は、もうビックリしましたよ。
展示してあった物をデモ隊が動かしたわけですが、誰でも操作できるものなのかしら?

これに便乗しているのか、よくわからないですが、
野党が今、国民投票をよびかけているようです。
内容は、授業料を支払わないことに同意するか?とか(今までは無料)
病院や薬に関することなど、いろいろ。
まぁ、今回の首相退陣要求のデモとは、ちょっと視点が違うのですが。。

さて今回の騒ぎ、各国の新聞にも掲載され、状況が世界に知られたところでしょう。
現在ハンガリーでは、今回の警察の対応が少し問題になっているようです。

警官に立ち向かったのでもないのに、いきなり警棒で殴られたり
ゴム弾(?)を直接、体に撃たれたり。 これは男性、女性関係なくです。

デモをおこすことは違法ではありません。
これは権利として与えられています。
ただ、暴動はいけない。
暴動を抑える為に、治安を守る為に、警察は命令に従って活動されたでしょう。

でも、やっぱり今回はちょっとやり過ぎじゃないかな、って思います。

まぁ、しょっちゅうこんなことがあるわけじゃないので
この時こうすればよかった、というのは必ずと言うほどでてくるでしょうけど。

今年は、8月20日の嵐から始まり、首相の失言テープの流出、ブダペスト暴動、そしてハンガリー動乱記念日のデモ、とハンガリーには大きな出来事が続いています。

そこらじゅう警官だらけの現在のブダペスト。
早く平穏な日々に戻って欲しいです。

↓応援よろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。