先日、補習校で授業参観があり行って来たのですが
フト自分の小学時代におこなわれた参観日を思い出しました。

確か『大きくなったらなりたいもの』についてだったと思う。
参観日の前日、紙に1つずつ書いて提出。
私は何を書いたかというと、

       大学生

小学生の頃から受験とか気にして(気にさせられて)生活していたので
受験勉強が終わった大学生になりたい!
そう思っていたのです。

実際その後には 就職試験ってのがあるわけですが
その当時の私は知らなくて、大学生になれば自由になれる
そう信じていました。


参観日当日。
スクリーンには集計結果がバーンと映し出されました。
看護婦さんや、先生、パイロットが人気あったかな。

そう。
みんなは、大きくなったらなりたいもの=なりたい職業 を書いていたのです。

そんなん知るかぃな。
"大きくなったら"の言葉が抽象的過ぎるんじゃ!

そう思うけど、そのスクリーンに 私の書いた『大学生』という文字はなかったです。
かわりに

   その他  1

とありました・・・・・。

その他 1
その他 1
その他 1


授業参観終了後、その当時教育ママゴンだった母は

「もももは なんて書いたの?」

そう優しく聞いてきた。 
その優しさの後に来るものが怖かった。

「せ・・・せんせい か な」

そう適当に答えてる小学低学年の私でした。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト