今回の一時帰国では、前に勤めてた会社にも寄ることにした。
決めてたけど、誰にもあえてそのことは伝えなかった。
だって、会社辞めて2年も経てば もう知らない人でしょー。

上司もやたら忙しい人だったからね。
今の私は何も役に立たない。会うだけ時間を使わせて申し訳ない。
そう思ってた。
けど、ちょっと顔みたくなって。。

会社を覗き込むと、ちょうど見慣れた人間発見!
「A部長に内線して、もし時間があれば会えるかどうか聞いてほしいんだけど」
そう彼に頼み、電話をしてもらった。

「OK。今から来るから待っててって」

おぉ~~。
出張や会議でいつもいないのに、今日はいるんだ。
でもって、今すぐ来てくれるんだー。
仕事暇になった?
いんや、それはないなー。(^^;

1,2分して部長はやってきた。
2年前よりも少し痩せた。
彼には心臓病という大きな病気があるため、心配していたが
顔を見る限り元気そう。
痩せたのも少しいいかも。

「忙しい中、時間作ってもらってすみませんー」
そういう私に

「会いに来てくれるかわいい部下のためだ。時間なんかいつでも作ってやる」
そういってくれた。

そして2年前のように、いろいろと雑談をした。
ふと見上げると、同僚が目を丸くしてこちらを覗き込んでいる。

「いつ戻ってこられたんですかー?」
彼は部長の隣に座り、雑談に加わった。

最後にあった送別会を思い出す。
お酒がまわり、しっちゃかめっちゃかで全部は覚えてないけど
部長は私を「お前は男だー!」と何度もいって
同僚は私の腕を掴み、ウンウンとうなづいていた。

・・・うん、懐かしい。懐かしいぞー。
また仕事がしたくなった。
嫌味言われたり、いろいろあったかもしれないけど、
あまりつらいと思ったこと無かった。
だっていつも誰か味方はいたし、仕事が趣味だったから
それもひっくるめて楽しかったんだよね~。
それに精神的には強いほうで、嫌味言われても笑ってられるのさー。

その日は、会社のお祭りがある日。
携帯には、Kから駐車場の空き具合を知らせるメールが入っていた。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

スポンサーサイト