上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちょっと真面目な話。

最近ハンガリーは裕福になってきた~、と聞くことがあります。

私はブダペストのブダ側に住んでおり、このあたりのアパートは
他の地区のアパートより大きく家賃も高い。
そして、道路にはポルシェやベンツ、BMWやボルボ・・と高級車がたくさん走っています。
友達に言わせると、ブダ側はお金持ちが多いから。

じゃぁ、他の地区はどうなの?

ハンガリーの冬はとても寒いです。
その極寒の中、暖房費が払えなくて凍死する老人がとても多いそうです。

去年は、出産するにも靴がなくて外に出れず、台所で出産したところ
新生児が落下して死亡するという話もありました。

ビックリですよ。
貧富の差がこれほど激しいとは。。

郊外からブダペストに戻ってくる時、ブダペストに入った途端、街灯が
いきなり増えたりします。
道路も地方へ行けば行くほど、その状態は悪く、まっすぐ走るのも大変です。

国自体もお金がないようだけど、地方行政の財政難はもっと深刻。
ほんとにお金ないみたいで、公共工事もできないとか。。

でもね、国会議員の住宅費は無料なんですって。。

こういう"差"ってどこの国でも存在しちゃうのね。
サングラスして、綺麗な服を着て、カッコイイ車乗って、美人を連れてブイーーンと
道路をかっとんでいく姿は、かっこいい。光の部分ね。

その一方、道端でコインを恵んでほしいと立つ人々。水はドナウの茶色い水を汲んで飲む。
郊外で暖房も家もなく凍死していく。
子供は家にお金が無いので素足だったり、
学校に行くとき、教科書は拾ったビニールの買い物にいれて
もっていったりする。(学校は全て無料)  影の部分ね。
光ってる部分は、もっともっと光って、影の部分はその濃さを増していく2極化。

日本もちょっと似てる?

昼間の都心。 夜中のコンビニ付近。
人の顔つきが違う気がする。

弱いものは強いものに従うしかないのかしらね。  はぁ~。。
Sziasztok!

↓応援ありがとうございます。
今日もポチっとお願いします↓

FC2ブログランキング


↓こちらにも戻ってきてポチっとお願いします↓
人気blogランキングへ



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
もももさん、こんばんは。

貧富の差はどの社会でもありますよね。
書きたいことはたくさんあるのですが、
ありすぎてうまく書けないですね。

日本でも、保険料の個人負担が上がった
ことで物議を醸しましたが、日本の保険の
仕組みは他国と比べても高いレベルだと
思います。

社会保障が良くなればなるほど税金負担が
多くなるので、良くしたいのは山々ですが、
庶民の私としては軽々と賛成します、とは
言えないですね。

何かいい解決方法はないんですかね?!
2006/05/17(水) 21:44 | URL | 哲楽(てつがく) #LwOfu9Ho[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/17(水) 21:46 | | #[ 編集]
●哲楽(てつがく)さん

働けば働くほど、お金をたくさん税金にとられるんですよね。
私の血と涙がーーーーっ!!
非力なので、小さいところで怒るしかない私。
穴でも掘って、王様の耳はロバの耳でもやろうかしら。

哲楽(てつがく)さんブログおもしろいです。
実は、「誰がいちばんオモロイの?」の回答、
ずっと考えてたりします(苦笑)
面白いこと大好き!!
2006/05/17(水) 22:15 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ん~、今日は少し真面目に書きます。

ハンガリーってもともと共産圏じゃないですか?共産主義の意義とかって話はともかくとして、結果的に搾取される側に回っていた大多数の国民生活を考えると、その時代と、いまのブダペストがどうなのか?って考えたくなってしまいます。
もももさんの書いたお話って、まぁ、資本主義の本当に一番醜い部分でもあると思うんですが、それでも、ひょっとしたら昔に比べて良かったのか…、それともやはり昔のほうが良かったのか…っていうのが、実は知りたかったりします。

でも、マルクスの言うとおりで、下部構造(経済)が上部構造(精神とか政治とか)を規定するっていうのは、あながち間違いじゃないだけに、その下部構造の歪みっていうのは、やっぱり気になりますよね。

でも、正直言うと、やっぱりわれわれは日本人で、外からの観察事象としてどうしても語ってしまう視点があって、これ、自分でもあまり好きではないのですが、何ともならないものですね。
2006/05/17(水) 22:30 | URL | 法律屋 #-[ 編集]
●法律屋さん

真面目コメントありがとうございます。
きっと、昔よりはいろんな面でよくなった事が多いでしょう。
その反面、5Ftで買えたパンが170Ftになってしまった、と嘆く声もありますが。

難しい問題です。 

これもこの国で感じたこと、として自分に受け入れようと思います。
2006/05/17(水) 22:39 | URL | 管理人 #-[ 編集]
どこの国もやっぱりそうなのですね。
イタリアもここ数年で著しく貧富の差が明確に現れました。
それでも、靴がなくて外に出られないから家で産んだ..というような話は聞いた事ありませんが。。

でも今日、総合病院へ行ったのですが、だだっ広いところにたくさん建物があるにもかかわらず、まともな標識が全くなく、目的のところを探し当てるまで、30分以上捜し歩いていました。かなり入り組んでいるところに会った為、
いったん外に出なくてはいけないとき、ロンパでさえ「あれ?出口どっち?」と迷うほど。
紙でもいいから書けばいいのに…とおもったのですが、ふとここ数年の国からの医療費援助が大幅に削減されたことを思い出し、そんな余裕もないのか。。と。
医療費削減を決定したご本人達は、お抱えの一流医師がいて、待ち時間もなく、予約することも必要なく、手術しようと思えば明日でもできるご身分なんですよね。。
よくみんな黙ってるなーと不思議におもいます。
2006/05/18(木) 08:30 | URL | ろんま #-[ 編集]
●ろんまさん
かなり前の"踊る大捜査線"でしたっけ?
織田裕二が、「事件は会議室で起きてるんじゃない」とか言ってましたよね。
現場は一般市民の生活にあって、国会議員さんの生活の中ではない。
でも国民の代表であることは変わりなく、決定する権利を持っている。
国民は権利を持っていながら、決定権に欠けているように思えます。
だからどうしたらいいのかということはわかりませんが、
国民が自分達の生活を守るのに必死で、他人は構わず、の世界になるのは怖いですね。
2006/05/18(木) 15:08 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>国民が自分達の生活を守るのに必死で、他人
>は構わず、の世界になるのは怖いですね。

もともと自分は自分。人は人。という考え方ということもありますが、いまのイタリアはまさしくそんな感じです。『助けたい』と思うことができる人ほど、自分達のことで精一杯で他人を世話している余裕がないんですよね。

それにしても 台詞まで覚えてるってすごいですねー。私も刑事物好きです。
よく『はぐれ刑事純情派』や「戸津川警部(これは2時間ドラマなので結構マニアックです)」「家政婦は見た!」もよく見てました。。(年いくつだ?って)
2006/05/20(土) 21:35 | URL | ろんま #-[ 編集]
●ろんまさん
しまった!!「戸津川警部」だけ見てないかも。
「はぐれ刑事純情派」も大好きでしたよー!
「家政婦は見た!」の市原悦子さんのマネって
簡単そうで難しいですよね。

2006/05/20(土) 22:10 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/147-bed3d18d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。