上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁工事の謎・・まだ解けていません。。
ケットゥーケッド(火曜日)の可能性もでてきました。
そうすると、時計で指していたのは何???

謎が解けましたら報告しますね。



天気の良い土曜日、私達家族はクーランチの予防接種を受けてきました。
(英語名はTick-Borne)
今回は1回目。
来月に2回目を受けて、来年3回目の接種が必要。

■上が大人用、下が子供用。子供は大人の量の半分ね。
vakcina.jpg


クーランチとはダニの種類です。
ハンガリー国内に生息していて、木から落ちてきたり芝生の中にいるそうです。
これに噛まれるとエライ痒いでしょうね。
でもって、マジックテープのようにしっかりくいつくらしく、なかなか取れないんですって。

もし噛まれてしまったら(じゃじゃさんコメントを受けて一部修正)

      1.クーランチを時計と反対方向にまわしながら除去
      2.アルコールで消毒


そして医者へ連絡すること。
36時間以内に!とかも言ってました。

予防方法は、

      ●予防接種を受けること
      ●外で遊ぶ時は帽子をかぶること
      ●長袖、長ズボンで遊ぶ
      ●虫除けスプレーをして外にでること


この、虫除けスプレーですが、日本の虫とは種類が違うので
こちらで買った方がいいみたいですよ。
dmや、薬局で売ってます。
蚊とかだったら、日本からのでもOKみたい。


    予防は、子供だけでいいんじゃない?


ゴルフや公園などによく行かれる方は接種したほうがよいかも。
医者の説明を聞く限り、噛まれると怖い病気になるようですので要注意です。
Sziasztok!

↓参考になりましたら
ポチっとよろしくお願いします↓

FC2ブログランキング


↓こちらにも戻ってきてポチっとお願い↓
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
そのダニはドイツ語でZecke、イタリア語でZeccaと呼ばれている厄介なダニでしょう。東欧から南ドイツにかけて最近そのダニが媒介するBorrelioseという病気がはびこっています。怖いですよ。そのばい菌を持っているダニに噛まれると、一週間から六週間の間に発病し、治癒の見込みはありません。体の神経が炎症を起し、ついで麻痺に至ります。
北ドイツではまだその病気は報告されてませんが、北上中とのこと、ハンガリーでは予防接種が義務付けられているのですか?だとしたら、気をつけてくださいね。予防接種をしても病気になる事もあるそうです。
ダニに噛まれたときですが、「オイルをかける」と、呼吸困難に陥ったダニがばい菌を排出するので、絶対にしてはいけません。ばい菌は噛まれてから24時間程度で排出されるそうなので、見つけたらすぐに除去すれば、大抵の場合は大丈夫だそうです。医者に行くのをお勧めします。
喰らい付いたばかりのダニはまだ小さすぎて普通のダニ取りピンセットでは取れにくいので、先が細くなってる、時計職人用のピンセットでしっかり抑えるのがいいそうです。回しながら取らないと、ダニの頭が取れて皮膚に残ってしまい(これが取れないのよ)、人間の場合、脳膜炎の原因となることもあります。お子さんの頭はダニに好かれるので、気をつけましょう。
予防策、もう一つ付け加えます。

いぬを連れていること。ダニはワンちゃんも大好きです。
2006/05/14(日) 20:54 | URL | じゃじゃ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/14(日) 21:15 | | #[ 編集]
●じゃじゃさん
あらっ、そうだったのですか。
医者がオイルと言っていたのは違うのね?
それと医者が言ってた怖い病気とはBorrelioseのことかもしれませんね。
妊婦さんだとお腹の中の赤ん坊にまで移るって。。
こわ~。
2006/05/15(月) 06:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
医者はオイルと言ったかも知れませんよ。というのは、オイルをかけると実際、ダニは取れやすいのです。但しそれをしていたのはばい菌を持っていないダニに対してで、ばい菌を持っているダニの場合、ばい菌排出を促進させてしまう、ということです。
だから、今はドイツの医者はオイルは使わないように指導しているのです。
2006/05/15(月) 07:57 | URL | じゃじゃ #-[ 編集]
●じゃじゃさん
コメントありがとうございます。
もし噛まれたら正しい方法で除去し、すぐに医者へ連絡!ですね。
2006/05/15(月) 19:45 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは。
ダニ脳炎の予防接種をどうしようかと、悩んでいる私です。
子供だけでも・・・と思いながら、
ブダペスト市内にもいるのかと、
悩み中。
ハンガリー人の人は、接種しているのかなぁ~???ご存知でしたら、教えてくだされぇ~。( ノ≧Д≦*)ノ
2006/05/16(火) 18:35 | URL | ハンガリー娘 #mQop/nM.[ 編集]
●ハンガリー娘さん
こんにちは。
私の知っているハンガリー人の大人は接種していないそうです。理由は公園とかに遊びに行かないからですって(大学生だからね)。
でも、子供はしたほうがいいって言ってましたよー。クーランチは子供の頭の中が好きなんですって(ゾーッ!)。
ブダペスト市内いますよ~、ニュースでやってます。日本人学校にもいるって噂。
お子さんには接種をしたほうがいいんじゃないかな?って個人的意見☆
私はカルメン先生のところに行ってやってもらたのですが、1回7000Ft。
痛くなかったです(^-^)
2006/05/16(火) 18:47 | URL | 管理人 #-[ 編集]
怖いですねー。
普通の毒を持っていないZECCAだったら、
イタリアにもいますが、毒性のものはよっぽど山奥でないといないようですが。。
北ドイツあたりが結構被害が多いと聞いたことがありますが、やっぱり北ヨーロッパを中心に生息してるのでしょうかね?

前に近所にいた人懐っこいでっかい野良ネコが
私達の顔を見ても逃げるようになって、しばらく様子を見ていたのですが、悲しそうな顔をしながら木陰に寝そべっていたんです。
「おかしいな」って言いながら、ペットショップで聞いたりしたんですが(連れて行けなかったので)、分からない。
ある日抱っこして『どうして来なくなっちゃったの?』と聞いても悲しそう。
よーーーーーーく見ると、目の上に黒い点が。
「なんじゃこりゃ?」と、取ろうとしても取れない。ロンパと必死になって、やっと取れた次の日、私達が外に出ると、嬉しそうに「みゃおーーーーーー」って嬉しそうな顔でピョンピョン飛びながら走ってきたのを、【zecca】と聞くと思い出します。

でも、こういう話を聞くと予防注射した方がいいのかなーと考えますね。。
ちょっと聞いてみることにします。
2006/05/16(火) 20:07 | URL | ろんま #-[ 編集]
●ろんまさん
猫も噛まれるなんて・・ビックリです。
36時間以内って猫にも有効なのかしら?
その後、体中に毒が広がって、妊婦さんだったら赤ん坊にも影響あるんでしょ?
まぁ、こういった話は最悪のケースの話が多いですがやっぱ怖いです(^^;
ダニだから、小さいんですってね。
ろんまさんとこの猫ちゃんは大丈夫ですか?
2006/05/16(火) 20:45 | URL | 管理人 #-[ 編集]
病気もちのダニが多いのはチェコ、ロシアの一部、などの東欧圏、オーストリアに南ドイツです。ドイツでは特にバイエルン州とバーデン・ヴュルテンベルク州に多いそうです。哺乳類はみんなダニの餌食になりえます。いぬも病気が移ると、死亡率はほぼ100%だそうです。イタリアは知りませんが、北イタリアの方がオーストリアに近いですから...
サルディニアではアフリカ大陸から大挙して飛んでくるそうです。
2006/05/17(水) 06:27 | URL | じゃじゃ #-[ 編集]
●じゃじゃさん
思いっきり東欧圏のハンガリー(笑)

> いぬも病気が移ると、死亡率はほぼ100%だそうです

げっ、それは怖い!!犬用の予防接種もきっとあるんでしょうね。
注射しといてよかった~。
2006/05/17(水) 14:00 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ありがとうございま~す。
ドクターカルメンに、体調がよくなったら、依頼してみます。
って、宇宙人だけですけどね。
私は、インフルエンザとかの予防接種などが受けられないですよ。
なので、別の意味で怖い。
ひとまず、守るべきものは守って、
私は、皮膚ごと、はがしてでも・・・笑
情報、ありがとうございます。
いろいろな方に聞いても、やはり、
実際に庭でさされた方もいるようなので、
来月あたりより、実践してみます。
2006/05/17(水) 18:49 | URL | ハンガリー娘 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/153-0f946795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。