上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらくしてホテルスタッフから提案が。
別の同じ格付けホテルを紹介してくれるという。
なので、下のバーで何か飲み物でも飲んで待っていてくれ、という。

私達は下の階にある、おしゃれなバーでそれぞれ飲み物を飲んだ。
私は勢いでカクテル

・・その後、お呼びがかかり上階へ。
しかし代金はいらないという。

なんて良いホテルなんだ!

フロントに行くと、ショプロンで一番伝統のあるホテルを紹介してもらった。
ホテルの宿泊代金は支払わなくてよいとのこと。
きっと、そこは旅行会社と何かやるのだろうと思い指示に従うことに。
紹介されたホテルは街の中心にあり、歩いて観光にいけるスポット。

でもさ、伝統のあるホテル=古いホテルじゃん

そう思ったのも事実ですけど、室内にプールはあるというので
子供の為にも気持ちを落ちつけて移動することにした。

この親切なホテルに泊まりたかった。。
名残惜しい気持ちでその場を移動したのだった。


ほどなく紹介されたホテルに到着。
有名なホテルだ。しかしやっぱり古いぞ。
格式があるホテルというのだろうか。。
フロントの雰囲気は、さっきの方がいいー。
ホテル内の照明はオレンジ色で、薄暗く、アンティークの家具と
じゅうたんを照らしていた。



私達はそのホテルの新館角のテラス付き部屋に宿泊することになった。
テラスはあれど寒いですから、外にはでませんが。。
まぁ、まずはお昼食べ損ねていたので、観光兼ねて街へでてみることにしました。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/304-16b1ed9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。