上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病名については伏せておきます。
詳細な検査結果のほうも来週出ますしね。

今回の病気の状況について、ボチボチと書いていってみようと思います。
その内容を見て、病名を気付く方もいらっしゃるかもしれませんが
それは口にしないでおいてくださいね。
あっ、多少病気疲れはありますが、元気ですのでご心配なく。


・・スリに遭ったその日の夕方、急激な腹痛が襲ってきた。
過去にもこんな痛みは経験している。
2年前に2回、日本で救急車で運ばれた事がある。
でも、そう繰り返す病気ではない、と言われていたのに。。

子供はちょうどソファで寝ていた。

それから何時間痛みに耐えただろうか。
子供が起きたようだ。
主人に電話をしてもらった。 ちょうど帰るところだったらしい。

この腹痛、ものすごい激痛。
出産の痛みどころではない。気を失うほど、痛みで吐き気を催すほど痛い。
主人が帰ってくるまでの間、波はあるものの痛みは続いた。

1時間ほどして主人が帰宅。すぐに医者を呼んでもらう。
子供がかかっている小児科の女医だが、英語も聞き取りやすく
何より良心的な対応をしてくれるので我が家では信頼している。
医者はほどなくきてくれた。
私の状況は電話で主人から聞いてから来たものの、姿をみてかなり驚いていた。
It's so bad.
一言目にそう言われたのを覚えている。

医者がいるうちに痛み止めの注射を打ってもらうが効かない。。
下痢も続き、だんだん血だけになってきた。

食べたものを聞かれたが、そういえば今日は昼にマックでカプチーノとアップルパイ。
午後にコーヒーだけだった。
医者からは水をたくさん飲むようにいわれていたが腹痛が怖く、何一つ口にできない。

衰弱するように、その夜はそのまま寝た。
夜中に激痛で2度起きたものの寝れたことはよかった。

翌日の朝。 体調は良くない。 水は結局全く飲めなかった。
8:00に医者へ電話をすることになっていた。
電話後、すぐに医者は駆けつけてくれた。
また痛み止めの注射を打つ。
その後、医者は病院での検査入院をすすめ、病院へ アポをとってくれた。
(医者の紹介がないと病院には行けない、と聞いています)

昼、私は主人の車で病院ヘ向かい検査入院するのだった。


子供はこの日、学校。
帰ってきたらそのまま同じアパートのSさんにお願いすることにしました。
次記事から病院での様子を記載しますが、こんな辛い状況の中
日本では信じられぬ人物も登場します。


↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/321-5b6552b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
子育て、育児、保育の悩み解決では、子育て、育児、保育の不安や悩みを解決する情報をお伝えしています。
2006/12/13(水) 11:13:42 | 子育て、育児、保育の悩み解決
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。