上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご心配かけております。
小もももですが、水曜日の夜は熱があったものの
予防接種時に購入した解熱剤シロップで落ち着き、翌日の木曜日は、朝から元気でした。
本人が、今日は様子をみて明日学校に行く、というので休ませたのですが
1日、熱もでることなくひたすら勉強させられたのでした。(笑)

今回接種したMMRの予防接種。
日本のお医者さんは、接種後2~3週間であれば副反応の可能性がある、とのこと。
しかし接種した医師は、1週間後に熱がでなければそれは風邪だといいます。
私を信じて!・・・と。

信じる信じないの問題ではないと思うのですがね。(^^;
私は副反応だったと思っています。
具体的にどこがこうだから、とはいえませんが、そんな気がするのです。
風邪にしては他の症状無さすぎですしね。

日本でまた、このMMRの三種混合ワクチンを接種する動きがあるそうですね。
MMRの予防接種自体よりも、接種する年齢には気をつけなくてはいけないと思います。
日本で実施した際、赤ん坊が対象だったと知り驚きです。
MMRの三種混合ワクチンは、他の予防接種で副反応がなくても出やすといいます。
ましてや高熱。
3つも菌をいれるんですからねー。

小もももは8歳だったからまだ体力もありますが、
赤ん坊では体力的に無理だろーー!!??と思うのです。
せめて小学校あがる頃の年齢ぐらいじゃないと怖いですよ~。

予防接種で重大な事態にならないように、慎重に検討してほしいですよね。

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
初めまして、小児科医です。
海外の医療事情を知りたくて、海外在住の方のブログを検索していました。お子さんが病気になられると、たいへんですね。

MMRワクチンについて、コメントします。
麻疹ワクチンの副反応で、接種後5~8日に発熱があります。38度5分以上、出ることは稀です。それ以外の時期の発熱はワクチン以外の原因と考えてよいと思います。
日本のお医者さんが言われた接種後2~3週間の副反応は、おたふくかぜワクチンによる耳下腺腫脹や無菌性髄膜炎を言っているのでしょう。
MMRワクチン騒動で問題になったのは、無菌性髄膜炎で、その頻度は一万人に一人弱と言われています。実際に、おたふくかぜに罹れば、少なくとも数百人に一人は、無菌性髄膜炎で入院します。
日本では、ここ10年、麻疹患者はかなり減りましたが、年間20~30人は麻疹のために幼い命が奪われています。
副反応がないワクチンはありません。しかし、ワクチンを接種せずに病気に罹るのは、もっと危険です。
MMRワクチンを接種できて、よかったですね。
2007/04/10(火) 11:17 | URL | JIRO #-[ 編集]
●JIROさん
はじめまして。
MMRについてコメントいただき、感謝いたします。^^
国が変われば予防接種の種類や回数も変わり何かと大変です。
主人は、医者から出された薬で病気になりましたし。(^^;
医者選びも、ひたすら人の声が重要であることを知りました。
良いお医者さんもたくさんいるのですが、この国ではお医者さんの給与もかなり低く、
食べていくのも大変らしいです。

日本では食べていけない、なんてことはないかもしれませんが、
かなりの激務なのだろう、と思います。
とても大変なお仕事だと思いますが、どうか頑張ってください。
2007/04/11(水) 02:07 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/409-ac065ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。