上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月から病院の数が極端に減らされて、健康保険制度も大幅に変わり
扶養される人の範囲も狭まりました。
3月のある日、「はい、ここに記載されている病院は閉鎖だからね~」
と、突然提示され、医師も看護士も突然職を失う。
その病院の数も数十、とかなり多い。

ハンガリーでいう、『病院』とは、入院できる施設(ベッド)があるということ。
つまり、入院患者もいるわけです。

どうするかって??
他の病院に移動するしかないんじゃないかな。
もちろん、外来患者さんも、他へいってくださーい、ってことよね。

私立の病院も2つ、3つぐらいあります。
でもそこは、保険もきかずすっごく高い!
利用するのはお金持ちや外国人が多く、普通の方は国立の病院に行きます。

もちろんブダペストを初め、あちらこちらで病院関係者がデモを開催していますが、
昨年の暴動などで国民も激しさに少し慣れてしまったのか、
静かで目立たなく感じる、病院のデモ。

国も、財政を考えていろいろ検討するのはわかりますが
もっと先に手を入れるところがある気がします。

無料だった(税金で既に払ってるから)医療費が、毎回診察の度に300Ftの支払い。
薬も、1月に買ったときと同じものを購入しても倍額になった。
で、病院の大幅削減。

とことん弱者に厳しい。
どうしても、自分達が痛くないところから手をいれているとしか思えない。
ただでさえ貧富の差が激しいこの国なのに、病院さえも遠ざかるとは
ジュルチャーニ首相、ひどすぎまっせ!

↓応援クリックよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/429-a7c76590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。