上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車の中には、スーツケースが2つ。ノートPC他。。。
何度も何度も自分の目を疑った。

「やられた!・・・」
主人はそうつぶやいた。

そっか、盗られたの?
車が無くなったってことは、ブダペストに帰れないじゃん。
とりあえず今夜はここに泊まるしかない。
でも、どこに・・・?
ブダペストにいる友達にまずは電話して、協力してもらう?
私はそんなことを考えていた。

「警察! 警察呼ばなきゃ。・・警察どこだろ??」

主人の言葉を聞いて周りを見渡すが、警察官も警察署もどこだかわからない。
今日初めて来た土地だもの、わかるわけなんかない。

・・・と、前方からヘッドフォンをして、道路を斜めに渡る青年が見えた。
彼に私は英語で話しかけた。
そして、車をそこに停めたのに無くなってしまった。
助けてくれ!と。

彼は、幸いにも英語を話すことができた。
そして、携帯電話で警察官を呼んでくれるという。
主人の携帯を彼に渡すと、警察官に状況と現在の場所、私達について伝えてくれた。

「今から警察がここにくるから待ってて」

私たちは彼に礼をいい、そこで待つことにした。

―― 数分後、ひとりの若い警官が来た。
私たちは車の保険証を見せながら、彼にまた状況を説明した。
警官は神妙な面持ちで、私たちの話を聞いていた。

あー、とうとうやられたか。
車を盗まれるなんて、マジで???

そんな気持ちでいっぱいだった。

私たちの様子を見ていた、小もももは不安そう。

警官は気の毒そうな顔をしながら
「たぶんスパイダーの仕業だと思う。」
そう言って、他の警官へ電話をした。

時間とともに、今起きていることが現実であることがショックを大きくしていた・・・。

↓応援クリックよろしくです↓
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
車・・・盗まれたんですか・・・
きっついですね(xx)
これ、もしかしてリアルタイム日記じゃないですよね? なんだか心配になってきました(TT)
2008/02/04(月) 00:06 | URL | まれまれ☆ #-[ 編集]
●まれまれ☆さん
まさかでしょう~!→マジですか?に変わっていきました。
焦りましたよー。
2008/02/04(月) 18:46 | URL | ももも #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oliviar.blog46.fc2.com/tb.php/560-d8b7735c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。